ルール・Q&A

フロアルール&総合ルール

総合ルール (最終更新日2013/12/27)
ヴィクトリースパークのゲームを遊ぶ為の詳しいルールが記載されています。
また、ヴィクトリースパークとサンデーVSマガジンTCGは同じルールで遊ぶことができます。

【総合ルールver1.4への改定について】(2013/2/15)
今後皆様にヴィクトリースパークをより快適に遊んでいただくため、
サプライズ導入に合わせ、総合ルールの一部を改定いたしました。

■適用日:2013年2月23日(土)から
※「CMVカーニバル」の各大会・フリーファイトは、適用後のルールに基づき実施いたします。

■改定内容
先攻時、第一ターンはパートナーアタックが通常のアタックとなる処理を追加しました。
 →先攻第一ターンのアタックは、必ず通常のアタックとなります。


・コストとしてカードを公開する際の処理を更新しました。
 →既に公開された状態になっているカードをコストとして公開することはできません。

・プレイヤーの行動に対する置換効果を定義しました。
 →プレイヤーの行動に対して置換効果が発生した場合、その行動による元の事象は
 発生しませんが、そのプレイヤーはその行動を行なったことになります。

・山札が0枚になった際の処理を変更しました。
 →控え室にカードがある場合は敗北条件を満たさず、控え室をシャッフルし
 新たな山札とします。その際、新たな山札の上から1枚、自分のリタイヤ置場に置きます。

・カードの表記について明確化しました。

・サプライズ及びキャラフェイズの挙動を更新しました。

フロアルール (最終更新日2011/7/8)
ヴィクトリースパークの大会に出る時のマナーや資格が記載されています。